ニュースリリース

東日本大震災復興支援プロジェクト「東北コットン」を使用したノベルティを配布

東日本大震災復興支援プロジェクト「東北コットン」を使用したノベルティを配布
東北地域限定で配布し、復興支援を後押しします

当社は、CSRの重点テーマの1つとして「地域に貢献する」を掲げ、東日本大震災で津波の被害を受けた農家を支援し、新たな産業を創出する「東北コットンプロジェクト」に参加しています。

「東北コットンプロジェクト」の畑があるエリアは津波による塩害を受け、作物が育ちにくい土地となっていましたが、農家の皆さまの努力のおかげで、年々、綿花の収穫量が増えてきました。ところが、収穫された綿花を製品化するには収穫量がまだ少なく、製品化することが課題となっています。
この度2017年に栽培された綿花からオリジナルサコッシュを生産し、東北地域の55店舗限定で、ノベルティとして配布いたします。

当社は、2013年より、従業員が自らの意志で宮城県東松島市にある畑を訪れ、綿花の種まきから収穫までの作業を継続的にサポートしてきました。東日本大震災から約7年がたちましたが、風化させないためにも継続した関わりが必要であると考えています。当社は、東日本大震災が風化されず、復興支援が継続して行われるためにも、これからも「東北コットンプロジェクト」を通じた、地元の皆さまとのつながりを大切にし、継続的な交流をすることで、支援をしてまいります。



■ノベルティ配布店舗
株式会社アダストリアが展開する東北6県(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)の店舗
※一部店舗を除く

■ノベルティ配布について
数に限りがございますので、なくなり次第終了とさせていただきます。

■東北コットンプロジェクトについて
このプロジェクトは、2011年7月に東日本大震災により被災された農家の皆さんを中心に発足しました。アパレル企業など約80団体が共同で、農業の再生、雇用の創出、新産業の創造を目的として始動しました。
公式サイト : http://www.tohokucotton.com/

一覧に戻る