ニュースリリース

日本最大のLGBTの祭典「TOKYO RAINBOW PRIDE 2018」へ参加しました!


株式会社アダストリアは、LGBTをはじめとする性的マイノリティの方々が差別や偏見なく暮らせる社会を目指すイベント「TOKYO RAINBOW PRIDE 2018」へ参加しました。

5月5日(土)、6日(日)に代々木公園で行われたフェスティバルでは、フォトグラファーであるレスリー・キーさんがLGBTの方々のポートレートを撮影する『OUT IN JAPAN』のブースへ、当社のブランドであるHAREとBAYFLOWから衣装協力を行いました。2日間で153組179名の方が撮影に参加し、盛況のうちに終了しました。

また、5月6日(日)に行われたパレードでは、社員やその家族、友人を含めた53名で参加し、パレードを盛り上げました。明治通り沿いにあるniko and ... TOKYO店では、イベントの開催に合わせ、店舗のフラッグをレインボーカラーへ変更し、店舗の前で一緒にパレードを応援してくださるお客さまにオリジナルタオルを配布しました。

当社は、「ファッションと人生を楽しみ、個性にあふれた世界をつくる」というミッションの下、CSRの重点テーマとして『人を輝かせる』を掲げています。年齢や国籍、障がいの有無、LGBTQs※などに関わらず、多様な個性を尊重し、認め合える社会づくりに、ファッションを通じて貢献してまいります。

※LGBTQsとは、Lesbian(レズビアン/女性同性愛者)、Gay(ゲイ/男性同性愛者)、Bisexual(バイセクシュアル/両性愛者)、Transgender(トランスジェンダー/性別越境者)、Questioning(クエスチョニング/自身の性自認や性的指向が定まっていない人)など、性的マイノリティの総称のひとつです。

■ レインボーパレードの様子
レインボーパレードは、代々木公園の渋谷口よりスタートしました。パレードの参加者は、過去最高の約7,000人になり、参加者の身に付けた様々なレインボーカラーが渋谷の街を彩りました。多数の企業も参加し、LGBTの理解促進を訴えました。



一覧に戻る