ニュースリリース

創業の地 水戸市を応援!『水戸芸術館ライトアッププロジェクト』に協賛

創業の地 水戸市を応援!
『水戸芸術館ライトアッププロジェクト』に協賛
年間を通じて水戸の夜に光を灯し、新たな魅力を発信

株式会社アダストリア(本部:東京都千代田区丸の内1-9-2、代表取締役会長兼最高経営責任者(CEO)福田三千男)は、創業地である茨城県水戸市の複合文化施設「水戸芸術館」で開催される『水戸芸術館ライトアッププロジェクト』に協賛いたしました。


当社は、1953年に水戸市にて創業し、地域の方々に支えられて成長して参りました。また、当社は社会貢献活動テーマのひとつに<地域に貢献する>を掲げており、これまでも水戸芸術館へ長年にわたって寄付活動を行っています。この度、水戸芸術館で20年続いた冬の風物詩「アートタワーみとスターライトファンタジー」事業が終了し『水戸芸術館ライトアッププロジェクト』が今秋10月29日(土)よりスタートいたしました。当社は新たに水戸市の魅力のひとつとなるこのプロジェクトを支援することで、創業地の夜間のにぎわいの創出、観光集客に貢献いたします。

このプロジェクトは、水戸芸術館のランドマークと言える存在である高さ100mの塔(シンボルタワー)とカスケード(広場の噴水)にライトアップを施したものです。通年で季節や時間によって様々に表情を変えながら、鮮やかな光のアート作品を生み出します。

ライトアップのデザイン、プログラムは数多くの光アート作品を手掛けてきた筑波大学特命教授の逢坂卓郎(おおさか・たくろう)氏によるものです。タワーのライトアップは黄門祭りや梅まつりなどのイベントに応じて変わったり、公演時における拍手の盛大さに応じて色彩が変化したりします。また、カスケードのライトアップは、光と影のコントラストや噴水の動きで、躍動感あふれる空間を演出します。ぜひ幻想的な光の空間をお楽しみください。

当社は今後も創業地である水戸市が活性化し、様々な魅力を発信していけるよう、支援を継続して参ります。

※上記リリースの詳細はPDFファイルでご覧いただけます。
創業の地 水戸市を応援!『水戸芸術館ライトアッププロジェクト』に協賛

一覧に戻る