ニュースリリース

イオンレイクタウンにて「衣料品回収プロジェクト」を実施しました

2016年8月30日(火)~9月12日(月)の14日間、イオンレイクタウンにて、当社の展開する10ブランドが合同で「衣料品回収プロジェクト」を実施しました。


当社は、『なくてはならぬ人となれ なくてはならぬ企業であれ』を企業理念として掲げています。企業として、社会にとってなくてはならない存在であるために、様々な社会課題に真摯に向き合っていく必要があると考えています。環境に対する関心がますます高まる中、事業を通じた環境活動をさらに強化するため、本格的な開始に先駆け、当社ブランドが多く出店するイオンレイクタウン様のご協力のうえで「衣料品回収プロジェクト」を実施しました。

今回は、グローバルワーク、ローリーズファーム、ニコアンド、レプシィム、ジーナシス、レイジブルー、ヘザー、レピピアルマリオ、ブリスポイント、ベイフローの10ブランドが参加しました。実施期間中、933名のお客さまにご協力いただき、7,144点の衣料品を回収することができました。回収した衣料品は、衣料品のリユースを行うとともに、収益金を熊本地震で被災された方々を支援するため、熊本県へ寄付いたします。衣料品をお持ちいただいたお客さまからは、“不要な衣料品を有効活用できて嬉しい”“不要な衣類がなくなって助かるので、また実施してほしい”といった感想を聞くことができました。

今後も、企業としての責任を果たすべく、事業を通じた社会課題に対する様々な取り組みを実施してまいります。

一覧に戻る