ニュースリリース

東北コットンプロジェクトの作業ボランティアに参加しました

従業員参加型のボランティア活動
東北コットンプロジェクトの作業ボランティアに参加しました

当社は、従業員一人ひとりが社会と繋がりを持ち、社会の課題に対して関心を高めるため、参加型の社会貢献活動を行っています。その一つとして、津波の被害を受けた農家を支援し、新たな産業を創出する「東北コットンプロジェクト」へ参画しています。2013年より継続して、作業ボランティアとして宮城県東松島市にある畑を訪れており、今年も種まき、除草、収穫の作業を行いました。


今年の活動では、作業ボランティアだけではなく東北の現状を知るために、東松島市で被害の大きかった地域のひとつである野蒜(のびる)地区を訪れました。旧野蒜駅や野蒜海岸、造成が進む野蒜北部丘陵地区などを視察した後、地元の方を交えたワークショップを実施しました。地元の方々から、「若い人が県外や市外へ出てしまって戻ってきていない。」といったことや「地元での仕事が少なく、働きたくても働けない。」といったことなどを伺い、課題を抱える被災地に対して、自分たちは何ができるのかを話し合いました。普段あまり話すことのない内容に、最初は戸惑いながらも、参加者全員で様々な意見を出し合うワークショップとなりました。


参加した従業員からは「仙台市内を見ると復興は進んでいるかのように感じますが、被災現場はまだまだ復興に向けての課題が山積みだということを実感しました。私が今できることは何か、改めて考えるきっかけになりました。」、「被災地のことを深く知り、復興について考える貴重な機会になりました。地元の方々が温かく迎えてくださり、感動しました。もっと復興に向けて協力したいと強く感じました。」などの感想が聞かれました。

当社は、CSRの活動テーマのひとつとして「地域に貢献する」を掲げています。お店にご来店されるお客さまを迎えるだけではなく、地域に足を運び、そこに住む方々との交流を通じた活動を継続してまいります。

一覧に戻る