業績・財務

月次売上速報

株式会社アダストリア

2019年
2月期
前年比(%) 店舗数
売上高 客数 客単価 月末 出店 退店
全店 既存店 全店 既存店 全店 既存店
3月 106.5 104.4 110.9 108.5 96.0 96.2 1,230 23 0
4月 91.3 89.4 96.3 94.2 94.8 95.0 1,235 7 2
5月
第1四半期 98.7 96.6 103.3 100.9 95.6 95.7 1,235 30 2
6月
7月
8月
第2四半期
上期計 98.7 96.6 103.3 100.9 95.6 95.7 1,235 30 2
9月
10月
11月
第3四半期
12月
1月
2月
第4四半期
下期計
通期計 98.7 96.6 103.3 100.9 95.6 95.7 1,235 30 2

*2018年3月からバンヤードストーム、バビロンは(株)アダストリアから(株)エレメントルールに移管しているため、前年の売上からも2ブランドを除いて前年比を計算しています。

過年度分の売上速報

販売概況

4月は、中旬に夏物商品に切り替えたものの、売れ始めの勢いが弱く、全店売上高前年比は91.3%、既存店前年比は89.4%となりました。
ブランド別ではニコアンド、アンデミュウ、アパートバイローリーズが好調です。
アイテム別では、パンツ類、Tシャツなどが売上の中心となった他、キッズ商品、ロゴバッグ、サンダルなども人気です。

出退店


◆出店:7 店舗
グローバルワーク1店舗(ジョイナステラス二俣川)
ニコアンド1店舗(梅田ヘップファイブ)
レプシィム1店舗(テラスモール湘南)
レイジブルー1店舗(テラスモール湘南)
ベイフロー2店舗(ソラリアプラザ、ラゾーナ川崎プラザ)
ラコレ1店舗(イオンレイクタウン)
◆退店:2 店舗
スタディオクリップ1店舗(大阪グランフロント)
ブリスポイント1店舗(大阪グランフロント)

販売概況

3月は、全国的に気温が上昇し、春物を中心に売上を伸ばしました。休日が前年に比べて1日多かったこともあって、全店売上高前年比は106.5%、既存店前年比は104.4%となりました。
ブランド別ではニコアンド、スタディオクリップ、ジーナシス、レプシィムなどが好調です。
アイテム別では、薄手のアウター類、ブラウスなどが売上の中心となり、バッグやスニーカーなどのグッズも人気です。

出退店


◆出店:23 店舗
グローバルワーク4店舗(グランエミオ所沢、SHIBUYA、アトレ大井町、イオンモール京都桂川)
ニコアンド2店舗(イオンモール宮崎、イオンモール札幌発寒)
スタディオクリップ1店舗(mozoワンダーシティ)
ローリーズファーム2店舗(mozoワンダーシティ、イオンモール札幌発寒)
レプシィム1店舗(イオンモール宮崎)
ジーナシス1店舗(ルミネ町田)
レイジブルー2店舗(ゆめタウン佐賀、アミュプラザ鹿児島)
ベイフロー4店舗(イオンモール宮崎、ゆめタウン徳島、吉祥寺、イオンモール札幌発寒)
レピピアルマリオ2店舗(FKDインターパーク、mozoワンダーシティ)
アンデミュウ1店舗(ルミネ有楽町)
パティエラ1店舗(ZOZOTOWN)
ビジュリィ2店舗(自社WEB、ZOZOTOWN)
◆退店:なし