業績・財務

月次売上速報

株式会社ポイント

2015年
2月期
前年比(%) 店舗数
売上高 客数 客単価 月末 出店 退店
全店 既存店 全店 既存店 全店 既存店
3月 102.6 99.4 105.3 101.0 97.4 98.5 827 25 5
4月 97.8 95.9 98.8 96.6 98.9 99.2 834 7
5月 105.8 104.1 104.5 101.2 101.2 102.8 833 1
第1四半期 102.1 99.8 102.9 99.7 99.2 100.2 833 32 6
6月 100.1 98.9 100.0 97.6 100.1 101.3 840 7
7月 96.7 95.2 91.6 89.1 105.7 106.9 839 2 3
8月 103.2 101.0 100.4 96.8 102.8 104.4 843 10 6
第2四半期 99.6 98.0 96.6 93.9 103.0 104.4 843 19 9
上期計 100.8 98.9 99.4 96.4 101.4 102.6 843 51 15
9月 103.7 101.9 100.2 97.9 103.6 104.0 848 6 1
10月 100.5 98.8 96.8 94.0 103.9 105.1 859 11
11月 104.8 102.8 102.4 99.2 102.4 103.6 865 7 1
第3四半期 103.1 101.2 99.8 97.0 103.3 104.3 865 24 2
12月 101.3 99.1 96.2 93.4 105.3 106.2 867 2
1月 94.2 92.6 87.7 85.1 107.5 108.8 862 5
2月 112.8 108.6 104.7 100.5 107.7 108.0 849 13
第4四半期 100.2 97.9 93.8 90.8 106.8 107.8 849 2 18
下期計 101.5 99.4 96.4 93.5 105.3 106.3 849 26 20
通期計 101.2 99.2 97.9 95.0 103.3 104.4 849 77 35

株式会社トリニティアーツ

2015年
2月期
前年比(%) 店舗数
売上高 客数 客単価 月末 出店 退店
全店 既存店 全店 既存店 全店 既存店
3月 143.0 105.4 142.2 103.6 100.6 101.7 319 40 1
4月 149.0 100.5 134.2 97.6 111.1 103.0 381 13
5月 151.3 101.5 133.4 97.2 113.4 104.3 388 8 1
第1四半期 147.8 102.3 136.4 99.1 108.4 103.1 388 61 2
6月 140.9 99.4 129.5 96.2 108.8 103.4 391 3
7月 134.9 94.6 126.1 92.5 107.0 102.2 390 2 3
8月 134.0 92.4 123.6 89.4 108.5 103.4 390 1 1
第2四半期 136.7 95.7 126.4 92.7 108.2 103.2 390 6 4
上期計 141.6 98.5 130.4 95.2 108.6 103.4 390 67 6
9月 152.5 106.8 130.3 96.9 117.1 110.2 396 7 1
10月 131.1 93.7 115.4 86.4 113.5 108.4 405 10 1
11月 143.5 99.5 124.0 92.3 115.7 107.7 414 9
第3四半期 141.4 99.4 121.4 91.6 116.5 108.5 414 26 2
12月 135.9 99.5 121.5 93.8 111.9 106.1 414
1月 124.6 90.6 115.6 88.5 107.8 102.4 412 2
2月 153.5 107.7 146.4 109.0 104.9 98.8 398 2 16
第4四半期 153.5 107.7 146.4 109.0 104.9 98.8 398 2 18
下期計 137.4 98.1 122.8 93.2 111.9 105.2 398 28 20
通期計 139.4 98.3 126.5 94.2 110.2 104.3 398 95 26

*バビロンの合併に伴い、2014/4よりバビロンの売上を含めて売上高前年比を算出しております。
 但し、全店売上高前年比の前年売上にバビロンは含まれていません。
 また店舗数もバビロンの3月末店舗数49店舗(内WEBストア6店舗)が加わっております。

過年度分の売上速報

販売概況

降雪の影響により客数が伸び悩んだ前年の反動に加え、中旬から寒さが和らいだことで順調なシーズンの立ち上がりとなりました。
ポイントの売上高前年比は全店112.8%、既存店108.6%で、ブランド別ではグローバルワーク、ローリーズファーム、ジーナシスが好調に推移しました。アイテム別では、トレンチコートやGジャン等の軽アウターをはじめ、春物商品が売上の中心となっています。
トリニティアーツの売上高前年比は全店153.5%、既存店107.7%となりました。ブランド別では、スタディオクリップ、アンデミュウが好調に推移しました。アイテム別では、ニットカーディガン、イージーパンツ、スニーカー、エントランスマット等が人気でした。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:なし
◆退店:13 店舗
レイジブルー1店舗(大名)
ジーナシス1店舗(吉祥寺パルコ)
ヘザー3店舗(仙台フォーラス・イオン茨木・アミュプラザ小倉)
ヘザービィ1店舗(あべのソラハ)
ハレ2店舗(丸井静岡・大名)
トゥールノジーナ3店舗(天王寺ミオ・金沢フォーラス・阪急三番街)
スクオーバル1店舗(広島パルコ)
ミィパーセント1店舗(天王寺ミオ)
◆業態変更:1 店舗
トゥールノジーナ → ジーナシス(キラリナ京王吉祥寺)

株式会社トリニティアーツ
◆出店:2 店舗
アンデミュウ1店舗(ZOZOTOWN)
ベイフロー1店舗(土岐プレミアムアウトレット)
◆退店:16 店舗
バンヤードストーム1店舗(博多大丸)
アンデミュウ1店舗(静岡パルコ)
ベイフロー1店舗(ココチ渋谷)
フルールドショップ バイ バビロン1店舗(渋谷パルコ)
サロンデュラトリニーテ1店舗(ルミネ有楽町)
リーブルメゾン11店舗(ルミネ立川・京都駅前地下街ポルタ・大船ルミネウイング・アミュプラザ長崎・あべのハルカス近鉄本店・名古屋ラシック・ラシック福岡天神・アトレ吉祥寺・くずはモール・エキマルシェ大阪・ルミネ池袋)
◆業態変更:1 店舗
リーブルメゾン → バンヤードストーム(アミュプラザ博多)

販売概況

前年と比べセール序盤の休日が1日少なく、客数減少の要因となりました。
ポイントの売上高前年比は全店94.2% 既存店92.6%で、ブランド別ではローリーズファーム、ジーナシスが堅調に推移しました。
セールではチェスターコート等のアウター類、下旬にかけてはカーディガンや裏毛素材のパーカー等、春まで着られるアイテムが売上の中心となっています。
トリニティアーツの売上高前年比は全店124.6%、既存店90.6%となりました。ブランド別では、アンデミュウが好調に推移しました。
アイテム別では、ニットプルオーバー、テーパードパンツ、ブランケット等が人気でした。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:なし
◆退店:5 店舗
グローバルワーク1店舗(たまプラーザテラス)
ヘザー1店舗(新宿ミロード)
ハレ2店舗(原宿・仙台)
トゥールノジーナ1店舗(エソラ池袋)


株式会社トリニティアーツ
◆出店:なし
◆退店:2 店舗
ニコアンド1店舗(ビナウォーク)
バビロン1店舗(なんばパークス)

12月度

販売概況

全国的に気温が低く推移し、ポイント・トリニティアーツとも概ね前年並みの売上を確保しました。
ポイントの売上高前年比は全店101.3% 既存店99.1%で、ブランド別ではグローバルワークに加え、ジーナシス・ローリーズファームも堅調に推移しました。アイテム別ではチェスターコート・モッズコート等のアウター類、柄ボリュームスカート、マフラーなどが先月に引き続いて売上高の上位を占めています。
トリニティアーツの売上高前年比は全店135.9% 既存店99.5%となりました。アイテム別では、ニットプルオーバー、イージースラックスパンツ、ニット帽、クリスマス関連雑貨等が好調に推移しました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:2 店舗
アパートバイローリーズ1店舗(横浜ジョイナス)
スクオーバル1店舗(イオンレイクタウン)
◆退店:なし


株式会社トリニティアーツ
◆出店:なし
◆退店:なし

11月度

販売概況

前年同月に比べて休日が2日多いことによる押し上げ効果はありましたが、下旬にかけて気温が低下せず、客数が伸び悩みました。
ポイントは、売上高前年比は全店104.8% 既存店102.8%となりました。ブランド別では引き続きグローバルワークが好調で、アイテム別では、TVCMでタレントが着用していたチェスターコート等のアウター類、柄ボリュームスカート、マフラーなどの季節小物が売上高の上位を占めています。
トリニティアーツは、プロパー販売強化により客単価は上昇したものの客数が伸び悩み、全店143.5%、既存店99.5%となりました。
アイテム別では、ニットプルオーバー、ダッフルコート、ストール、クリスマス雑貨等が好調に推移しています。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:7 店舗
レイジブルー1店舗(イオンモール岡山)
ヘザー1店舗(イオンモール岡山)
レプシィムローリーズファーム2店舗(イオンモール多摩平の森・イオンモール岡山)
レピピアルマリオ1店舗(イオンモール札幌発寒)
ブリスポイント1店舗(イオンモール岡山)
レイジブルー/ヘザーアウトレット1店舗(土岐プレミアムアウトレット)
◆退店:1 店舗
トゥールノジーナ1店舗(自社WEB)


株式会社トリニティアーツ
◆出店:9 店舗
ニコアンド3店舗(MIDORI NAGANO・グランツリー武蔵小杉・イオンモール岡山)
スタディオクリップ1店舗(イオンモール岡山)
ベイフロー4店舗(イオンモール浜松市野・イオンモール岡崎・グランツリー武蔵小杉・自社WEB)
ディッシー バイ サロン デュ ラ トリニーテ1店舗(福岡パルコ)
◆退店:なし

10月度

販売概況

気温は平年並みで推移したものの、台風が週末に二度、日本列島を縦断したため、客数に影響が出ました。
ポイントは、引き続きグローバルワークが好調でしたが、売上高前年比は全店100.5% 既存店98.8%となりました。アイテム別では、TVCMでタレントが着用していたチェスターコートをはじめとしたアウター類、ネルシャツ、テーパードパンツ、柄スカート・レギンス等が人気です。
トリニティアーツは、前述の台風の影響に加えて、ニコアンドとスタディオクリップで前年同月に実施したTVCMを今年は行わなかったこと等により客数が減少し、全店131.1%、既存店93.7%となりました。アイテム別では、ニットプルオーバー、テーパードパンツ、スニーカー、ハロウィン関連グッズ等が好調に推移しました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:11 店舗
グローバルワーク2店舗(ららぽーと和泉・モレラ岐阜)
ジーナシス1店舗(原宿)
レプシィムローリーズファーム5店舗(長崎夢彩都・イオンモール札幌平岡・イオンモール京都桂川・イオンモール木更津・ららぽーと和泉)
レピピアルマリオ2店舗(イオンモール福岡・イオンモール京都桂川)
ブリスポイント1店舗(イオンモール京都桂川)
◆退店:なし


株式会社トリニティアーツ
◆出店:10 店舗
ニコアンド4店舗(東急プラザ蒲田・イオンモール京都桂川・niko and...TOKYO・ららぽーと和泉
スタディオクリップ3店舗(イオンモール京都桂川・ファッションクルーズニューポートひたちなか・ららぽーと和泉)
バンヤードストーム1店舗(大丸梅田)
ベイフロー2店舗(イオンモール京都桂川・ららぽーと和泉)
◆退店:1 店舗
サロン・デュ・ラ・トリニーテ・プチ1店舗(グランフロント大阪)

販売概況

前年に比べ休日は1日少なかったものの、秋らしい好天に恵まれ、順調なシーズンの立ち上がりとなりました。
ポイントは、TVCMを放映したグローバルワークが好調で、売上高前年比は全店103.7% 既存店101.9%となりました。
アイテム別では、メンズでは凹凸感のある素材のパンツ・シャツやブルゾン、レディースではテーパードパンツ・ミディスカート・ウール混ニット等が人気です。
トリニティアーツは、主力のニコアンド、スタディオクリップの秋物商戦が好調に推移し、全社152.5%、既存店106.8%となりました。
アイテム別では、ニットカーディガン、チェックシャツ、テーパードパンツ、スニーカー等が好調に推移しました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:6 店舗
ジーナシス1店舗(イオンモール岡崎)
レプシィムローリーズファーム2店舗(モラージュ菖蒲・栄セントラルパーク)
ヘザー1店舗(イオンモール岡崎)
ヘザービィ1店舗(鹿児島109)
レピピアルマリオ1店舗(イオンモール各務原)
◆退店:1 店舗
ミコアローリーズファーム1店舗(平塚ラスカ)


株式会社トリニティアーツ
◆出店:7 店舗
ニコアンド3店舗(ルミネ大宮・イオンモール各務原・アミュプラザ鹿児島)
スタディオクリップ2店舗(ゆめタウン出雲・お台場ヴィーナスフォート)
リーブルメゾン1店舗(福岡天神LACHIC)
バビロン1店舗(藤井大丸)
◆退店:なし
フルール ド ショップ バイ バビロン 1店舗(池袋パルコ)

販売概況

全国的に降水量が多く、記録的な豪雨となった地域もあったため、客数に影響が出ました。
ポイントは、引き続きグローバルワークが好調で、売上高前年比は全店103.2% 既存店101.0%となりました。
アイテム別では、メンズではショートパンツ・7分袖シャツ、レディースではデザインカットソー・スカート・テーパードパンツが牽引役となっています。
トリニティアーツは、主力のニコアンドにおいてセール商材が伸び悩んだこと、および秋物の立ち上がりを早めたものの反応が鈍かったことから、売上高前年比は全店134.0% 既存店92.4%となりました。アイテム別では、サス付デニム、ミモレ丈スカート、リネンワンピース、スニーカー、家具等が好調に推移しました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:10 店舗
ローリーズファーム1店舗(楽天)
グローバルワーク1店舗(楽天)
ジーナシス1店舗(楽天)
レプシィムローリーズファーム1店舗(楽天)
ヘザー1店舗(楽天)
レイジブルー1店舗(楽天)
ハレ1店舗(楽天)
スクオーバル1店舗(ZOZOTOWN)
ミィパーセント2店舗(ルミネ北千住・ルクア大阪)
◆退店:3 店舗
ヘザー3店舗(ルミネ大宮・アミュプラザ長崎・吉祥寺パルコ)
レピピアルマリオ1店舗(イオンモール伊丹昆陽)
ミコアローリーズファーム1店舗(大阪セントラルコート)
コレクトポイント1店舗(原宿)


株式会社トリニティアーツ
◆出店:1 店舗
バンヤードストーム1店舗(ルミネ北千住)
◆退店:1 店舗
フルール ド ショップ バイ バビロン 1店舗(なんばマルイ)

販売概況

前年の7月は梅雨明けが早く上旬から高温の日が続いていたため、その反動で上旬を中心に客数が伸び悩みました。
ポイントは、レプシィムローリーズファーム・グローバルワークが相対的には堅調で、売上高前年比は全店96.7% 既存店95.2%となりました。
アイテム別では、メンズではショートパンツ・綿麻シャツ・、レディースではミディスカート・ヒールスリッポンが好調です。
トリニティアーツは、客単価は前年を上回ったものの、主力のニコアンドやスタディオクリップの客数が伸び悩み、売上高前年比は全店134.9% 既存店94.6%となりました。
アイテム別では、タンクトップ、麻混カーディガン、イージーパンツ、スニーカー、ハット等が好調に推移しました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:2 店舗
ローリーズファーム1店舗(水戸エクセル)
グローバルワーク1店舗(おのだサンパーク)
◆退店:3 店舗
ローリーズファーム1店舗(丸井水戸)
グローバルワーク1店舗(イオンタウンおゆみ野)
ミコアローリーズファーム1店舗(エチカフィット銀座)


株式会社トリニティアーツ
◆出店:2 店舗
スタディオクリップ1店舗(三井アウトレットパーク木更津)
リーブルメゾン1店舗(三井アウトレットパーク木更津)
◆退店:3 店舗
バンヤードストーム1店舗(JR大阪三越伊勢丹)
アンデミュウ1店舗(アミュプラザ長崎)
ディッシー1店舗(ルクア大阪)

販売概況

6月は土曜日が前年に比べて一日少なく、客数減少の要因となりました。
ポイントは、グローバルワークが前月に引き続き好調に推移したことに加え、ローリーズファームも復調し、売上高前年比は全店100.1% 既存店98.9%となりました。
アイテム別では、メンズではシャツ・ショートパンツ、レディースではカットソー・ミディスカート・ヒールサンダルが好調です。
トリニティアーツは、主力のニコアンドやスタディオクリップが順調に推移し、売上高前年比は全店140.9% 既存店99.4%となりました。
アイテム別では、タンクトップ、イージーパンツ、シャツやカーディガンなどの羽織ものに加え、サンダル、ハット等が好調に推移しました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:7 店舗
ローリーズファーム1店舗(エミフル松前)
グローバルワーク1店舗(イオンモール名古屋茶屋)
レプシィムローリーズファーム2店舗(アリオ蘇我・イオンモール名古屋茶屋)
レピピアルマリオ1店舗(西宮ガーデンズ)
ブリスポイント2店舗(イオンモール名古屋茶屋・コレド日本橋)
◆退店:なし


株式会社トリニティアーツ
◆出店:3 店舗
スタディオクリップ2店舗(イオンモール名古屋茶屋・アルカキット錦糸町)
バンヤードストーム1店舗(三井アウトレットパーク滋賀竜王)
◆退店:なし

販売概況

5月は土曜日が一日多く、好天にも恵まれました。
ポイントは、20周年イベントによってメディアへの露出が高まったグローバルワークや、レプシィムローリーズファームが牽引するかたちで、 売上高前年比は全店105.8% 既存店104.1%となりました。アイテム別では、ヒールサンダル、ミディスカート、クロップドパンツが好調です。
 トリニティアーツは、ゴールデンウィークを境に春物から夏物への移行が順調に推移し、売上高前年比は全店151.3% 既存店101.5%となりました。
アイテム別では、プリントTシャツ、シワ加工シャツ、ギャザースカート、ニコアンドとJINSとのコラボレーションメガネ等が好調に推移しました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:なし
◆退店:1 店舗
ローリーズファーム 1店舗(松山大街道)


株式会社トリニティアーツ
◆出店:8 店舗
ニコアンド2店舗(イクスピアリ・金沢フォーラス)
スタディオクリップ5店舗(三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島・須磨パティオ・本厚木ミロードイースト・イオンモール札幌苗穂・金沢百番街Rinto)
バンヤードストーム 1店舗(神戸三田プレミアム・アウトレット)
◆退店:1 店舗
ニコアンド(金沢百番街Rinto)

販売概況

ポイントでは上旬を中心に消費税増税の影響で客数が減少し、下旬にかけて持ち直したものの、売上高前年比は全店97.8% 既存店95.9%となりました。
アイテム別では、レディースのヒールサンダルなどのシューズ類・クロップドパンツ・カーディガン、メンズのフレンチリネンシャツ・パンツ類が好調でした。
トリニティアーツは、消費税増税の影響はあったものの、ニコアンドとスタディオクリップのTVCM施策が奏功し、売上高前年比は全店149.0% 既存店100.5% となりました。
アイテム別では、チェックシャツ、ニットカーディガン、カットスカート、レジャー用品等が売上を牽引しました。
なお、2014年4月1日付で株式会社トリニティアーツと株式会社バビロンが合併したことにより、月初の店舗数が49店舗増加しております。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:7 店舗
グローバルワーク1店舗(アピタ稲沢)
レイジブルー1店舗(渋谷)
ハレ1店舗(静岡パルコ)
ミコアローリーズファーム1店舗(アスティ静岡)
トゥールノジーナ1店舗(キラリナ吉祥寺)
ローリーズファーム/グローバルワークアウトレット1店舗(軽井沢)
ジーナシスアウトレット1店舗(札幌北広島)
◆退店:なし


株式会社トリニティアーツ
◆出店:13 店舗
ニコアンド1店舗(パークプレイス大分)
スタディオクリップ6店舗(光が丘IMA・三井アウトレットパーク札幌北広島・ゆめタウン広島・ゆめタウン博多・りんくうプレミアム・アウトレット・おやまゆうえんハーヴェストウォーク)
バンヤードストーム3店舗 (三井ショッピングパークららテラス武蔵小杉・そごう千葉・アトレ川崎)
ベイフロー2店舗(イオンモール大高・町田マルイ)
フルールドショップ バイ バビロン 1店舗(相鉄ジョイナス)
◆退店:なし

販売概況

3月の前半は肌寒い日が続きましたが、下旬は気温も上昇し、消費税増税前の商戦の影響も加わり、売上の勢いが加速しました。
ポイントでは、レディースのブラウス・カーディガン・スカート・ヒールスリッポンなどのシューズ類、メンズのパンツ・シャツなどが好調で、売上高前年比は全店102.6%既存店99.4% となりました。
トリニティアーツは、ニコアンドとスタディオクリップがTVCMキャンペーンによって好調に推移し、売上高前年比は全店143.0% 既存店105.4% となりました。アイテム別ではスプリングアウター・ミドルゲージニット・カットスカート・新生活雑貨が売上を牽引しました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:25 店舗
ローリーズファーム3店舗(イオンモール和歌山・シャミネ鳥取・京都ポルタ)
グローバルワーク3店舗(くずはモール・イオンモール和歌山・イオンモール天童)
ヘザー2店舗(イオンモール新潟南・京都ポルタ)
ヘザービィ1店舗(渋谷109)
ハレ1店舗(アミュプラザ博多)
レピピアルマリオ1店舗(ららぽーと新三郷)
レプシィムローリーズファーム3店舗(モリタウン・モレラ岐阜・アルカキット錦糸町)
アパートバイローリーズ1店舗(錦糸町テルミナ)
ミィパーセント3店舗(渋谷109・三宮オーパ・アミュエスト博多)
ジーナシスアウトレット1店舗(りんくうプレミアムアウトレット)
スクオーバル6店舗(アミュプラザ博多・広島パルコ・西宮ガーデンズ・くずはモール・ららぽーと船橋・自社WEB)
◆退店:5 店舗
ローリーズファーム2店舗(高崎ビブレ・軽井沢プリンス)
グローバルワーク2店舗(住道京阪・軽井沢プリンス)
ジーナシス1店舗(高崎ビブレ)
◆業態変更:1 店舗
ミコアローリーズファーム コトチカ京都 → アパートバイローリーズ コトチカ京都

株式会社トリニティアーツ
◆出店:40 店舗
ニコアンド5店舗(KUZUHA MALL・イオンモール川口前川・ripie(リピエ)・S-PAL郡山・イオンモール和歌山)
スタディオクリップ13店舗(イオンモール与野・イオン松江SC・モリタウン・イオンモール新潟南・マルイファミリー海老名・イオンモール石巻・御影クラッセ・イオンモール和歌山・シャミネ鳥取・イオンモール日の出・イオンモール天童・パークプレイス大分・湘南モールフィル)
リーブルメゾン4店舗(アミュプラザ博多・KUZUHA MALL・京都駅前地下街ポルタ・名古屋LACHIC)
バンヤードストーム3店舗(たまプラーザテラス・名古屋LACHIC・ZOZOTOWN)
アンデミュウ5店舗(KUZUHA MALL・金沢フォーラス・シャポー本八幡・アトレ吉祥寺・阪急西宮ガーデンズ)
ベイフロー10店舗(アミュプラザ博多・イーアスつくば・新宿マルイ・ららぽーとTOKYO-BAY・イオンモール各務原・イオンモール和歌山・名古屋パルコ・イオンモール新潟南・cocoti SHIBUYA・ZOZOTOWN)
◆退店:1 店舗
アンデミュウ(金沢フォーラス)