業績・財務

月次売上速報

株式会社ポイント

2009年
2月期
前年比(%) 店舗数
売上高 客数 客単価 月末 出店 退店
全店 既存店 全店 既存店 全店 既存店
3月 121.2 103.0 118.5 100.7 102.3 102.2 472 16
4月 115.6 96.0 119.4 98.7 96.9 97.3 484 12
5月 117.6 97.5 122.0 100.7 96.4 96.8 491 7
第1四半期 118.1 98.7 120.0 100.0 98.5 98.7 491 35
6月 109.8 90.4 113.5 93.4 96.8 96.8 498 8 1
7月 124.7 105.5 128.0 108.2 97.4 97.5 503 6 1
8月 135.9 109.3 137.3 111.0 98.9 98.5 497 4 10
第2四半期 121.8 100.8 125.4 103.9 97.2 97.0 497 18 12
上期計 120.0 99.7 123.0 102.1 97.6 97.6 497 53 12
9月 119.4 97.7 116.3 94.8 102.7 103.1 513 18 2
10月 112.2 93.5 111.5 91.6 100.6 102.0 529 16
11月 117.0 98.9 117.6 98.7 99.5 100.3 546 18 1
第3四半期 116.0 96.6 115.0 94.9 100.9 101.8 546 52 3
12月 109.0 92.4 110.7 94.2 98.5 98.1 551 5
1月 114.6 98.1 114.0 97.4 100.5 100.7 546 5
2月 121.8 101.2 126.0 103.4 96.7 97.8 551 8 3
第4四半期 113.6 96.4 114.7 97.2 99.0 99.1 551 13 8
下期計 114.7 96.5 114.8 96.2 99.9 100.3 551 65 11
通期計 117.0 97.9 118.6 99.0 98.7 98.9 551 118 23

過年度分の売上速報

販売概況

当月は、全国的に気温が高く、春物の販売が順調に推移し、前年がうるう年だった影響で営業日数が1日少なかったにも関わらず、既存店売上高は前年を上回りました。
 商品の内容は、メンズではデニムやチェックのジーンズ、チェックシャツや長袖Tシャツ、フード付き春物アウターが、レディースではギャザースカートやデニムジーンズ、長袖Tシャツ、テーラードジャケット、ナイロンブルゾン、カラーパンプスが主力となりました。
 当月の売上高前年比は全店で121.8%、既存店で101.2%、累計では全店で117.0%、既存店で97.9%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:7 店舗
ジーナシス(有楽町丸井)、ヘザー(大宮ルミネ、なんばマルイ、池袋丸井、溝口丸井、天王寺ミオ)、トランスコンチネンツ(ラゾーナ川崎)
◆退店:2 店舗
レイジブルー新潟ラフォーレ、シュカグローバルワーク ラシック
◆業態変更:1 店舗
ローリーズファーム新宿丸井 → TC&ローリーズ新宿丸井(※)
(※)TC&ローリーズはトランスコンチネンツとローリーズファームの複合店舗となります。

販売概況

当月は、北日本を除き安定した天候となり、年始のセールは順調に販売できました。セール第二段の中旬は市場価格の低下により販売苦戦いたしましたが、月後半は春物入荷により順調に販売できました。
 商品の内容は、メンズではカラーパンツ、スウェットパーカやボーダー柄カットソー、フード付きミリタリーコートが、レディースではプリーツ、ギャザースカートやタートルネック、Vネックセーター、綿素材のフード付コート、マフラーが主力となりました。
 当月の売上高前年比は全店で114.6%、既存店で98.1%、累計では全店で116.8%、既存店で97.7%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:なし
◆退店:4 店舗
グローバルワーク(代官山、柏、我孫子エスパ)、アンダーカレント盛岡南
◆業態変更:1 店舗
【内訳】アンダーカレント ラゾーナ川崎→トランスコンチネンツ ラゾーナ川崎(※)
(※)トランスコンチネンツ ラゾーナ川崎は2月開店のため、月末店舗数にはカウントしておりません。

12月度

販売概況

当月は、全国的に暖かい日が多く、セール前の買い控えもあったことから、防寒物商品が苦戦いたしました。
 商品の内容は、メンズではカラーワークパンツ、柄物セーターやボーダー柄カットソー、綿やナイロン素材のブルゾンやコートが、レディースではプリーツ、ギャザースカートやタートルネック、フード付きブルゾンやコート、ストールが主力となりました。
 当月の売上高前年比は全店で109.0%、既存店で92.4%、累計では全店で117.2%、既存店で97.7%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:5 店舗
ジーナシス(姫路)、ヘザー(姫路)、レプシィムローリーズファーム2店舗(姫路、筑紫野)、インメルカート(川崎)
◆退店:なし

11月度

販売概況

当月は、前年同様に安定した天候ではありましたが、月後半の連休が前年ほど賑わいませんでした。気温が下がったことにより、防寒物が中心の販売となりました。
 商品の内容は、メンズではカラーワークパンツ、厚手の柄シャツやウールセーター、裏付きのミリタリーコートが、レディースではプリーツスカート、タートルネックやプルオーバーセーター、フード付きブルゾン、ストールが主力となりました。
 当月の売上高前年比は全店で117.0%、既存店で98.9%、累計では全店で118.4%、既存店で98.5%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:18 店舗
ローリーズファーム2店舗(西宮、伊丹テラス)、ジーナシス2店舗(相模大野、川崎BE)、ヘザー2店舗(橿原アルル、川崎BE)、 レイジブルー2店舗(西宮、橿原アルル)、グローバルワーク3店舗(西宮、伊勢崎、岡崎)、 レプシィムローリーズファーム5店舗(倉敷、経塚、伊勢崎、橿原アルル、川口)、インメルカート2店舗(大津一里山、浜北)
◆退店:1 店舗
グローバルワーク八千代緑ヶ丘

10月度

販売概況

当月は、上旬は秋冬物の販売が順調に推移しましたが、中旬は全国的に気温が高かったこともあり冬物の販売が苦戦しました。下旬は気温の低下に伴い、再び冬物の販売が順調に推移しております。  商品の内容は、メンズではカラーワークパンツ、長袖のTシャツやカーディガン、スタンド襟のブルゾンが、レディースではプリーツスカート、長袖のTシャツやタートルネック、テーラードジャケット、ストールが主力となりました。
 当月の売上高前年比は全店で112.2%、既存店で93.5%、累計では全店で118.7%、既存店で98.5%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:16 店舗
ジーナシス2店舗(蒲田東急、国分寺)、ヘザー1店舗(国分寺)、アパートバイローリーズ1店舗(大森アトレ)、 レイジブルー1店舗(ららぽーと船橋)、グローバルワーク3店舗(南砂町スナモ、かほく、大曲)、 レプシィムローリーズファーム5店舗(南砂町スナモ、かほく、大曲、シャミネ松江、エアポートウォーク名古屋)、 インメルカート3店舗(泉パークタウン、古賀、加西北条)
◆退店:なし

販売概況

当月は、全国的に前年よりも気温が高く、上旬は秋物が販売の中心商材となりましたが、下旬からは気温が下がり、秋冬物の販売が順調に推移いたしました。なお、土日が前年同月より2日少ないことが影響し、既存店売上高は前年を下回りました。
 商品の内容は、メンズではカラーパンツ、長袖チェックシャツや前開きのフード付カットソーが、レディースではワークパンツ、長袖のTシャツやVネックのセーター、テーラードジャケットが主力となりました。
 当月の売上高前年比は全店で119.4%、既存店で97.7%、累計では全店で119.9%、既存店で99.4%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:18 店舗
ローリーズファーム 2店舗(イオンレイクタウン、松江)、ジーナシス 1店舗(イオンレイクタウン)、 ヘザー4店舗(イオンレイクタウン、宇都宮インターパーク、浜松市野、小倉)、アパートバイローリーズ 1店舗(柏ステーションモール)、 レイジブルー 2店舗(イオンレイクタウン、ルミネエスト)、ハレ 2店舗(ルミネエスト、ヘップファイブ)、グローバルワーク 2店舗(イオンレイクタウン、松江)、 レプシィムローリーズファーム 3店舗(浦和美園、発寒、浜松市野)、ローリーズファーム・グローバルワーク仙台港
◆退店:2 店舗
アパートバイローリーズ岡山一番街、ナインブロックス仙台

販売概況

当月は、上旬は全国的に気温が高く降水量も少なかったことにより、夏物の最終販売や晩夏物の販売が順調に推移いたしました。また、下旬からは気温も下がり、初秋物の販売が順調に推移いたしました。
 商品の内容は、メンズでは綿素材の半端丈パンツ、半袖のプリントTシャツや柄物のポロシャツが、レディースではワークパンツ、フレンチスリーブや5分袖のTシャツ、キャミソールワンピースが主力となりました。
 当月の売上高前年比は全店で135.9%、既存店で109.3%、累計では全店で120.0%、既存店で99.7%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:3 店舗
レイジブルー仙台パルコ、ヘザー仙台パルコ、ハレ仙台パルコ
◆退店:7 店舗
ヘザーセレナ、ナインブロックス岐阜、アンダーカレント(大日、むさし村山ミュー、成田、名取エアリ、EC)
◆業態変更:3 店舗
アンダーカレント高崎 → レプシィムローリーズファーム高崎
アンダーカレント浦和美園 → レプシィムローリーズファーム浦和美園(※)
アンダーカレント発寒 → レプシィムローリーズファーム発寒(※)
(※)レプシィムローリーズファーム浦和美園、レプシィムローリーズファーム発寒は9月開店のため、月末店舗数にはカウントしておりません。

販売概況

当月は、全国的に気温が高く、降水量も少なかったことにより、夏物販売が順調に推移いたしました。
 商品の内容は、メンズでは綿素材のショーツ、半袖のプリントTシャツや柄物のポロシャツが、レディースでは麻素材のイージーパンツ、柄物のキャミソールやタンクトップ、柄物のワンピースが主力となりました。
 当月の売上高前年比は全店で124.7%、既存店で105.5%、累計では全店で117.9%、既存店で98.5%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:6 店舗
グローバルワーク1店舗(綾川)、レプシィムローリーズファーム3店舗(綾川、茨木、上里)、ヘザー1店舗(三宮)、ナインブロックス1店舗(那須)
◆退店:1 店舗
グローバルワーク大垣

販売概況

当月は、前年よりも梅雨入りが早く、気温の低い日が多かったことや、前年は6月に実施したファッションビルのセールが、当年は7月スタートとなったことが、夏物の販売に大きく影響しました。
 商品の内容は、メンズではイージーパンツ、半袖のプリントや無地のTシャツが、レディースでは麻素材のイージーパンツ、半袖や五分袖の無地Tシャツや柄物のタンクトップ、柄物のワンピースが主力となりました。
 当月の売上高前年比は全店で109.8%、既存店で90.4%、累計では全店で115.9%、既存店で96.4%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:8 店舗
ローリーズファーム三宮センタープラザ、グローバルワーク出雲、ジーナシス錦糸町、レプシィムローリーズファーム出雲、 インメルカート山梨中央、インメルカート伊勢崎、レイジブルー モバコレメンズ、ハレ モバコレメンズ
(内Eコマースサイト2店舗)
◆退店:なし
◆業態変更:1 店舗
ローリーズファーム三宮 → ヘザー三宮(※)
(※)ヘザー三宮は7月開店のため、月末店舗数にはカウントしておりません。

販売概況

当月は、ゴールデンウィーク以降全国的に雨の日が多く、気温が低かったことが、春物や初夏物の販売に影響し、既存店売上高は前年を下回りました。
 商品の内容は、メンズではハンパ丈パンツ、半袖のプリントTシャツやポロシャツが、レディースでは細身のデニムパンツ、七分袖の無地Tシャツやジップパーカー、柄物のタンクトップ、柄物のワンピースが主力となりました。
 当月の売上高前年比は全店で117.6%、既存店で97.5%、累計では全店で118.1%、既存店で98.7%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:7 店舗
レプシィムローリーズファームおゆみ野、グローバルワークおゆみ野、アパートバイローリーズ仙台エスパル、アパートバイローリーズiルミネ、 ローリーズファームフリップルック(モバコレ)、ジーナシスフリップルック(モバコレ)、ヘザーフリップルック(モバコレ)
(内Eコマースサイト4店舗)
◆退店:なし

販売概況

当月は、全国的に雨の日が多かったことや、休日が前年同月より1日少ないことが影響し、既存店売上高は前年を下回りました。一ヶ月を通じて春物や初夏物が、販売の中心商材となりました。
 商品の内容は、メンズではカラージーンズ、長袖のジップパーカー、半袖のプリントTシャツやポロシャツが、レディースではデニムパンツ、七分袖の無地Tシャツ、ジップパーカーやカーディガン、柄物のワンピースが主力となりました。
 当月の売上高前年比は全店で115.6%、既存店で96.0%、累計では全店で118.4%、既存店で99.3%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:12 店舗
レプシィムローリーズファーム5店舗(蒲田、大分、松前、鈴鹿、くずは)、アパートバイローリーズ1店舗(ギャレ大阪)、グローバルワーク3店舗(松前、平塚ラスカ、岐阜)、 レイジブルー1店舗(大分)、インメルカート1店舗(防府)、ローリーズファーム・グローバルワークアウトレット(入間)
◆退店:なし

販売概況

当月は、上旬はやや気温の低い日が続きましたが、中旬以降暖かい気候が続いたことから、春物の販売が順調に推移いたしました。
 商品の内容は、メンズではカラージーンズ、長袖のプリントTシャツやボーダーTシャツ、綿素材のピーコート等が、レディースではデニムパンツ、前開きのスウェットパーカ、柄物のワンピースが主力となりました。
 当月の売上高前年比は全店で121.2%、既存店で103.0%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:16 店舗
レプシィムローリーズファーム7店舗(トレッサ横浜、仙台泉大沢、鳳、防府、大高、八王子、熊本クレア)、アパートバイローリーズ2店舗(札幌アピア、北千住ルミネ)、 グローバルワーク2店舗(鳳、大高)、ジーナシス2店舗(郡山エスパル、ラクーア)、レイジブルー1店舗(大高)、ヘザー1店舗(大高)、ハレ1店舗(マルイウェブチャネル)
◆退店:なし