業績・財務

月次売上速報

株式会社ポイント

2008年
2月期
前年比(%) 店舗数
売上高 客数 客単価 月末 出店 退店
全店 既存店 全店 既存店 全店 既存店
3月 125.6 98.6 128.6 102.3 97.6 96.4 387 25
4月 130.5 103.5 131.2 105.5 99.5 98.1 397 10
5月 118.4 93.9 118.4 95.3 100.0 98.6 399 2
第1四半期 124.7 98.6 125.8 100.7 99.1 97.8 399 37
6月 134.7 106.8 135.2 108.3 99.6 98.6 401 3 1
7月 101.4 80.5 102.2 81.9 99.3 98.3 405 6 2
8月 124.1 99.4 124.8 101.3 99.4 98.1 404 1
第2四半期 116.9 92.8 116.6 93.5 100.3 99.2 404 9 4
上期計 120.6 95.6 120.5 96.7 100.1 98.9 404 46 4
9月 125.8 105.1 126.2 106.1 99.7 99.0 436 22
10月
11月 123.1 102.5 121.4 101.5 101.4 101.0 451 15
第3四半期 123.2 102.5 123.4 103.5 99.8 99.1 451 48
12月 123.6 102.6 126.6 105.5 97.6 97.3 451
1月 113.5 95.4 114.1 96.3 99.5 99.1 451
2月 108.3 89.0 102.0 84.1 106.1 105.9 456 5
第4四半期 116.2 97.0 115.8 97.2 100.4 99.8 456 5
下期計 119.5 99.5 119.1 99.9 100.3 99.6 456 53
通期計 120.0 97.8 119.8 98.4 100.2 99.4 456 99 4

過年度分の売上速報

販売概況

当月は、気温が高く、降水量の少なかった前年と比較し、月を通して気温が低かったことと、関東地区では週末の降雪による影響もあり、春物商品の販売が低調に推移しました。
 商品の内容は、メンズではカーゴパンツ、無地とボーダーのクルーネックTシャツや綿素材のVセーター、フェイクレザーのアウターが、レディースではティアードのスカート、デニムパンツ、無地の8分袖Tシャツやキャミソールワンピースが、雑貨ではストールやボストンバッグが主力となりました。  当月の売上高前年比は全店で108.3%、既存店で89.0%、累計では全店で120.0%、既存店で97.8%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:5 店舗
ローリーズファーム四日市、レプシィムローリーズファームゆめタウン広島、レプシィムローリーズファームECサイト、 アパートバイローリーズECサイト、アンダーカレントECサイト
◆退店:なし

販売概況

当月は、月前半の冬物セールが順調に推移いたしましたが、春物商品に切り替えた中旬以降は低温となったことにより苦戦いたしました。
 商品の内容は、メンズではカラーパンツ、ウールのヘンリーネックやカーディガン、フード付の中綿アウターが、レディースではギャザーやプリーツのスカート、タートルネックやフェイクレザージャケット、柄物ワンピースが、雑貨ではストールが主力となりました。
 当月の売上高前年比は全店で113.5%、既存店で95.4%、累計では全店で120.6%、既存店で98.3%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:なし
◆退店:なし

12月度

販売概況

当月は、高温、多雨だった昨年とは異なり、寒い日が多く天候も良好であったことにより、冬物の販売が順調に推移いたしました。
 商品の内容は、メンズではカラーパンツ、無地やボーダーのウールセーター、フード付の中綿アウターが、レディースではプリーツスカート、タートルネックやフェイクレザージャケット、フード付コートが、雑貨ではマフラーやストールが主力となりました。
 当月の売上高前年比は全店で123.6%、既存店で102.6%、累計では全店で121.9%、既存店で98.8%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:なし
◆退店:なし

11月度

販売概況

当月は、高温だった昨年とは異なり、寒い日が多かったことにより、冬物の販売が順調に推移いたしました。
 商品の内容は、メンズではカラーパンツ、長袖Tシャツやウールセーター、フード付アウターが、レディースではギャザースカート、タートルネックやニットワンピース、フェイクレザージャケットが、雑貨ではブーツやストールが主力となりました。
 当月の売上高前年比は全店で123.1%、既存店で102.5%、累計では全店で121.6%、既存店で98.2%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:15 店舗
レイジブルー2店舗(新潟万代、福山)、グローバルワーク6店舗(春日部、西新井、日の出、トレッサ横浜、富士南、柿田川)、 ローリーズファーム1店舗(福山)、レプシィムローリーズファーム5店舗(春日部、西新井、日の出、富士南、大和)、 ローリーズファーム・グローバルワークアウトレット鳥栖
◆退店:なし

10月度

販売概況

当月は、休日が前年同月より1日少なかったものの、全国的に暖かく晴れの日が多かったことにより、秋冬物の販売が順調に推移いたしました。
 商品の内容は、メンズではカラーパンツ、長袖Tシャツやカーディガン、ワークジャケットが、レディースではスカートやショートパンツ、長袖Tシャツやキャミソールワンピース、フェイクレザージャケットが、雑貨ではブーツやストールが主力となりました。
 当月の売上高前年比は全店で125.8%、既存店で105.1%、累計では全店で121.4%、既存店で97.5%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:22 店舗
レイジブルー4店舗(浦和パルコ、羽生、新潟南、ECサイト)、グローバルワーク4店舗(羽生、新潟南、鳥取北、ECサイト)、 ローリーズファーム3店舗(浦和パルコ、有楽町丸井、ECサイト)、ジーナシス3店舗(浦和パルコ、鹿児島、ECサイト)、 ヘザー3店舗(浦和パルコ、岡山駅前、ECサイト)、ハレ1店舗(ECサイト)、レプシィムローリーズファーム4店舗(大垣、羽生、鹿児島、新潟南)
◆退店:なし

販売概況

当月は、全国的に記録的な高温となり、月前半の秋物販売が苦戦いたしましたが、月後半からは気温が下がり、秋冬物の販売が順調に推移いたしました。
 商品の内容は、メンズではワークパンツ、長袖Tシャツやカーディガン、ワークジャケットが、レディースではギャザースカート、長袖Tシャツやキャミソールワンピースが、雑貨ではブーツやストールが主力となりました。
 当月の売上高前年比は全店で120.0%、既存店で99.1%、累計では全店で120.5%、既存店で96.1%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:11 店舗
レイジブルー1店舗(調布パルコ)、グローバルワーク1店舗(明和)、ローリーズファーム2店舗(倉敷、ルミネエスト)、 ジーナシス2店舗(松本パルコ、長崎)、ヘザー2店舗(松本パルコ、町田丸井)、ハレ2店舗(ステラプレイス、池袋パルコ)、ナインブロックス1店舗(印西牧の原)
◆退店:なし
◆業態変更:1 店舗
ローリーズファーム岡山駅前→ヘザー岡山駅前(※)
(※)ヘザー岡山駅前は10月開店のため、月末店舗数にはカウントしていません。

販売概況

当月は、全国的に気温が高く、降水量も少なかったことにより、夏物の最終販売や晩夏物を中心に昨年同様の販売ができました。
  商品の内容は、メンズではショートパンツ、無地のタンクトップやボーダー柄のポロシャツが、レディースでは膝丈スカート、レギンス、タンクトップや無地のワンピースが主力となりました。
  当月の売上高前年比は全店で124.1%、既存店で99.4%、累計では全店で120.6%、既存店で95.6%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:なし
◆退店:1 店舗
ジーナシス南船場

販売概況

当月は、梅雨前線の停滞により降水量が多く、日照時間も少なく、低温であったため、また、6月セールの前倒しや、土曜日が前年同月より1日少ないことが影響し、夏物販売が苦戦いたしました。
 商品の内容は、メンズではショートパンツ、無地のタンクトップや無地のクルーTシャツが、レディースではショートパンツ、タンクトップや袖なしのワンピースが主力となりました。
 当月の売上高前年比は全店で101.4%、既存店で80.5%、累計では全店で120.2%、既存店で95.1%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:6 店舗
ローリーズファーム松山大街道、グローバルワーク浜北、グローバルワーク各務原、グローバルワーク吉祥寺、ジーナシス松山大街道、レプシィムローリーズファーム各務原
◆退店:2 店舗
ローリーズファーム松山、ジーナシス松山ラフォーレ

販売概況

当月は、気温が高く、降水量が少なかったことや、土曜日が前年同月より1日多いことが影響し、既存店売上高は前年を上回りました。
一ヶ月を通じて夏物が販売の中心商材となりました。
 商品内容は、メンズではショートパンツ、半袖のボーダーポロシャツや無地のタンクトップ等が、レディースではショートパンツ、タンクトップや半袖のパフスリーブTシャツが主力となりました。
 当月の売上高前年比は全店で134.7%、既存店で106.8%、累計では全店で127.2%、既存店で100.7%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:3 店舗
ローリーズファームアウトレット南大沢、アパートバイローリーズ岡山一番街、グローバルワーク守谷
◆退店:1 店舗
アグレア扶桑

販売概況

当月は、北日本以外で高温・少雨と安定した天候となりましたが、休日が前年同月より1日少ないことが影響し、既存店売上高は前年を下回りました。一ヶ月を通じて春物や初夏物が、販売の中心商材となりました。
 商品の内容は、メンズではカーゴパンツ、半袖のクルーTシャツ、ボーダーポロシャツ、タンクトップ等が、レディースではデニムパンツ、六分袖のTシャツ、タンクトップ、半袖のワンピースが主力となりました。
 当月の売上高前年比は全店で118.4%、既存店で93.9%、累計では全店で124.7%、既存店で98.6%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:2 店舗
グローバルワーク博多、ローリーズファームアウトレット鶴見
◆退店:なし

販売概況

当月は、低気圧や前線が頻繁に通過し、寒気の影響で気温の低い地域が多くありましたが、上旬と下旬の高温な期間は春物や初夏物が、順調に推移いたしました。
 商品の内容は、メンズではカーゴパンツ、半袖のクルーTシャツ、ボーダーポロシャツ、シャツジャケット等が、レディースではデニムショーツ、七分袖の無地、ボーダーTシャツ、カットソーのワンピースが主力となりました。
 当月の売上高前年比は全店で130.5%、既存店で103.5%、累計では全店で128.0%、既存店で101.1%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:10 店舗
レプシィムローリーズファーム2店舗(高の原、港北)、グローバルワーク5店舗(小山、長岡、ひばりが丘パルコ、高の原、高松西)、 ジーナシス1店舗(小倉)、レイジブルー1店舗(なんばパークス)、アンダーカレント1店舗(港北)
◆退店:なし

販売概況

当月は、上旬と下旬の高温な期間は順調に推移いたしましたが、中旬に冬型の気圧配置や低気圧の影響で低温、多雨となり、その期間の販売がやや低調に推移いたしました。
 商品の内容は、メンズではカーゴパンツ、無地のクルーTシャツ、ボーダーTシャツ、テーラードジャケット等が、レディースではギャザースカート、長袖や七分袖のTシャツ、カットソーのワンピースが主力となりました。
 当月の売上高前年比は全店で125.6%、既存店で98.6%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:25 店舗
ローリーズファーム2店舗(川崎BE、八王子東急)、レプシィムローリーズファーム1店舗(流山おおたかの森)、アパートバイローリーズ3店舗 (広島パルコ、横浜シァル、静岡パルコ)、グローバルワーク4店舗(前橋、ららぽーと横浜、相模大野、石巻)、シュカグローバルワーク1店舗(富津)、 ジーナシス5店舗(立川ルミネ、静岡パルコ、大分フォーラス、八王子東急、那覇)、レイジブルー2店舗(静岡パルコ、池袋パルコ)、 ヘザー4店舗(津田沼パルコ、静岡パルコ、大宮丸井、札幌パルコ)、ハレ2店舗(立川ルミネ、大宮丸井)、アンダーカレント1店舗(流山おおたかの森)
◆退店:なし