業績・財務

月次売上速報

株式会社ポイント

2006年
2月期
前年比(%) 店舗数
売上高 客数 客単価 月末 出店 退店
全店 既存店 全店 既存店 全店 既存店
3月 122.5 104.0 113.3 97.3 108.1 106.8 255 15
4月 128.6 106.9 119.8 100.3 107.3 106.6 263 8
5月 129.9 107.6 122.0 101.2 106.5 106.3 265 2
第1四半期 127.1 106.2 118.6 99.7 107.2 106.5 265 25
6月 132.1 112.0 123.2 104.1 107.3 107.6 268 3
7月 140.4 119.6 136.4 115.8 102.9 103.3 270 3 1
8月 115.9 99.8 119.2 101.7 97.2 98.1 271 3 2
第2四半期 131.5 112.6 128.3 109.2 102.5 103.1 271 9 3
上期計 129.3 109.4 123.9 104.8 104.4 104.4 271 34 3
9月 124.4 106.6 125.0 107.4 99.5 99.2 281 10
10月 126.2 108.3 128.7 110.5 98.1 98.0 283 2
11月 133.8 114.9 135.1 116.5 99.1 98.6 288 5
第3四半期 128.2 110.0 129.5 111.5 99.0 98.7 288 17
12月 131.1 112.7 136.3 118.0 96.1 95.5 290 2
1月 133.9 114.7 136.9 118.0 97.8 97.2 288 2
2月 131.8 114.2 135.0 117.6 97.6 97.1 288 3 3
第4四半期 132.5 113.9 136.4 117.9 97.2 96.5 288 5 5
下期計 130.4 112.1 133.2 115.0 97.9 97.4 288 22 5
通期計 129.9 110.9 128.5 109.9 101.1 100.9 288 56 8

過年度分の売上速報

販売概況

当月は、前年に比べて休日数が一日少なかったものの、中旬より気温の高い日が多かったこともあり、春物の販売が順調に推移いたしました。
 商品の内容は、メンズで薄手素材のアウター、長袖Tシャツ、レディースではデニムパンツ、レーヨンカットソーなどが主力商材となりました。
 当月の売上高前年比は全店で131.8%、既存店で114.2%、累計では全店で129.9%、既存店で110.9%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:3 店舗
ジーナシス池袋丸井、ジーナシス名古屋パルコ、アパートバイローリーズ横浜ルミネ
◆退店:3 店舗
ディーエルエックス近鉄パッセ、ヘザー大宮アルシェ、ナインブロックス長柄

販売概況

当月は、年明けからスタートしたセールが全国的な低温の影響もあり、防寒商品を中心に好調に推移いたしました。また中旬以降は、梅春商品への切り替えも順調に進みました。
 商品の内容は、メンズでストレッチカーゴパンツ、カットソーのタートルネックやヘンリーTシャツ、キルティングの中綿アウターやベロア素材のテーラードジャケットなどが、レディースではカーゴパンツやハーフパンツ、カットソーのボーダーや無地のUネックTシャツ、メルトン素材のショートコートなどが主力商材となりました。
 当月の売上高前年比は全店で133.9%、既存店で114.7%、累計では全店で129.8%、既存店で110.7%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:なし
◆退店:2 店舗
ディーエルエックス天神ビブレ、ディーエルエックス広島パルコ

12月度

販売概況

当月は、極端な低温が続き日本海側では記録的な大雪となり客数の減少が懸念されましたが、冬物アウターや冬小物など季節商品の活発な動きにより好調に推移いたしました。なおインナー部門における売れ筋商品素材の変化やショートパンツ等の好調による売れ筋商品構成の変化から、客単価は前年割れとなりました。
 商品の内容は、メンズで洗い加工のジーンズ、カットソーのタートルネック、フード付中綿アウターやキルティング中綿アウター、レディースではカーゴパンツ、カットソーのUネック、ウール素材のショートコート、ベッチン素材のアウターなどが主力商材となりました。
 当月の売上高前年比は全店で131.1%、既存店で112.7%、累計では全店で129.2%、既存店で110.1%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:2 店舗
ジーナシス横浜シァル、ヘザー立川グランデュオ
◆退店:なし

11月度

販売概況

当月は、記録的な高温の前年に比べて、中旬には強い寒気が南下し、気温の低い日が多かったことと、全般的には天候が良好であったために冬物商品が順調に推移いたしました。
 商品の内容は、メンズでストレッチ素材のカーゴパンツ、カットオフのTシャツ、ベロア素材のテーラードジャケットやコーデュロイ素材のキルティングアウター、レディースではカーゴパンツ、シュートパンツ、天竺素材のタンクトップやUネックTシャツ、ファーショールやベロア素材のテーラード、ブルゾンなどが主力商材となりました。
 当月の売上高前年比は全店で133.8%、既存店で114.9%、累計では全店で128.9%、既存店で109.7%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:5 店舗
グローバルワーク水戸内原、ローリーズファーム水戸内原、レイジブルー水戸内原、グローバルワーク我孫子、レイジブルー宇都宮インターパークビレッジ
◆退店:なし

10月度

販売概況

当月は、台風などによる天候の影響が前年より少なく、秋・初冬商品の積極的な展開により順調に推移いたしました。
 商品の内容としては、メンズ・レディース共にテーラード系ジャケットの他、ファー付きやミリタリー調の商品販売が活発だったことに加え、レディースでは、スカート、ショートパンツやスエードブーツの販売が好調でした。
 当月の売上高前年比は全店で126.2%、既存店で108.3%、累計では全店で128.3%、既存店で108.9%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:2 店舗
グローバルワークダイヤモンドシティ・クレア、レイジブルーNU chayamachi
◆退店:なし

販売概況

当月は、台風などによる天候の影響が前年より少なく、初秋向け新商品が順調に推移いたしました。
 商品内容は、メンズではカーゴパンツ、ヘンリーTシャツ、テーラードジャケット、レディースではテーパードパンツ、ショールカラーTシャツ、ベロアテーラードジャケットなどが主力商材となりました。
 当月の売上高前年比は全店で124.4%、既存店で106.6%、累計では全店で128.6%、既存店で109.0%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:10 店舗
ローリーズファーム心斎橋オーパ、ローリーズファーム軽井沢、ローリーズファーム渋谷パルコ、ヘザー渋谷パルコ、レイジブルー鹿児島、 レイジブルーキャナルシティ、ジーナシス千葉ペリエ、ジーナシス仙台エスパル、ジーナシス宇都宮パルコ、ジーナシス新宿マイシティ
◆退店:なし

販売概況

当月は、晩夏商品と初秋物の販売が順調に推移いたしましたが、前年に比べ休日が1日少なかったことにより、既存店売上高は前年を下回りました。また、月を通して気温の高い日が多かったため、夏物の処分が捗り、客単価も前年を下回りました。
 商品内容は、メンズではミリタリーワークパンツ、ヘンリーTシャツ、カットソーのテーラードジャケット、レディースではハーフパンツやテーパードパンツ、タンクトップ、7分袖ボレロカーディガン、シフォンワンピース等が主力商材となりました。当月の売上高前年比は全店で115.9%、既存店で99.8%、累計では全店で129.3%、既存店で109.4%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:3 店舗
グローバルワークFKD、ジーナシス新潟ラフォーレ、ジーナシス松山ラフォーレ
◆退店:2 店舗
レイジブルーランドマーク、シュカグローバルワーク千葉ペリエ

販売概況

当月は、平均気温、降水量とも平年並みではありましたが、クリアランスセールでの夏物販売と晩夏商品の展開が順調に推移いたしました。加えて、昨年に比べ日曜日が1 日多かったことも影響しております。
 商品の内容は、メンズではカーゴパンツやショーツ、半袖のプリントTシャツや半袖のポロシャツ、レディースではカーゴパンツやデニムパンツ、キャミソールやタンクトップ、ボレロカーディガン、サンダルなどが主力商材となりました。
 当月の売上高前年比は全店で140.4%、既存店で119.6%、累計では全店で131.4%、既存店で110.7%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:3 店舗
グローバルワーク大垣、ハレ仙台、ナインブロックス ダイヤモンドシティ・バリュー
◆退店:1 店舗
シュカグローバルワーク六本木ヒルズ

販売概況

当月は、南西諸島を除く地方の梅雨入りが例年に比べ遅く、北、東、西日本では晴れて気温の高い日が続き、西日本を中心に記録的な少雨であったことから、夏物の販売が順調に推移いたしました。 商品の内容は、メンズではカラーのパンツやショーツ、半袖のプリントTシャツやタンクトップ、半袖のポロシャツ、レディースではカーゴパンツやサブリナパンツ、キャミソールやタンクトップ、カーディガン、サンダルなどが主力商材となりました。
 当月の売上高前年比は全店で132.1%、既存店で112.0%、累計では全店で128.3%、既存店で107.6%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:3 店舗
レイジブルーイオン浜松市野、グローバルワークイオン浜松市野、ローリーズファーム小田原
◆退店:なし

販売概況

当月は、北日本と東日本で低温、西日本と九州沖縄では高温と、地域での気温差は大きかったものの、全般的には天候が順調で初夏物の販売が順調に推移いたしました。
 商品の内容は、メンズでデニム素材とカラーのパンツ、半袖のプリントTシャツやタンクトップ、レディースではカーゴパンツ、キャミソールやタンクトップなどが主力商材となりました。
 当月の売上高前年比は全店で129.9%、既存店で107.6%、累計では全店で127.1%、既存店で106.2%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:2 店舗
グローバルワーク宮崎、ローリーズファーム宮崎
◆退店:なし

販売概況

当月は、地域によっては寒暖の差が大きかったものの、全般的には気温が高く、春物および初夏物商品の販売が順調に推移いたしました。
 商品の内容は、メンズでデニム素材のパンツ、ストライプ柄シャツ、レディースではイージーパンツ、7分袖のパーカやカーディガンなどが主力商材となりました。
 当月の売上高前年比は全店で128.6%、既存店で106.9%、累計では全店で125.6%、既存店で105.5%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:8 店舗
グローバルワーク直方、グローバルワークくずはモール、グローバルワーク新発田、グローバルワーク苫小牧、 グローバルワークアリオ蘇我、グローバルワーク神辺、ディーエルエックス近鉄パッセ、ナインブロックス千歳
◆退店:なし

販売概況

当月は、気温の変動や降雪など不安定な天候となりましたが、本格的な春物商品の投入と販売により順調に推移いたしました。
 商品の内容は、メンズでカーゴパンツ、プリントの半袖Tシャツ、レディースではデニム素材のパンツおよびスカート、ショールタイプのカットソーなどが主力商材となりました。
 当月の売上高前年比は全店で122.5%、既存店で104.0%となりました。

出退店

株式会社ポイント
◆出店:15 店舗
◆出店:15店舗
ローリーズファームつくばキュート、ローリーズファーム池袋パルコ、グローバルワーク八千代緑ヶ丘、シュカグローバルワークラシック、 ジーナシス水戸エクセル、ジーナシス南堀江、ジーナシス津田沼パルコ、ジーナシス心斎橋オーパ、へザー新宿ミロード、ヘザー三宮オーパ、 ヘザー心斎橋オーパ、ハレ天王寺ミオ、ディーエルエックス広島パルコ、ディーエルエックス天神ビブレ、ナインブロックス広島西
◆退店:なし
◆業態変更:1 店舗
ジーナシス栄公園→ローリーズファーム栄公園