社会的責任に対する取り組み

環境を守る

健全な企業活動を遂行するためには、地球環境の存続が必要です。地球の持続可能な発展に向けて、環境保全に繋がる活動を行っていきます。

  • 従業員参加型の環境活動

    従業員一人ひとりが社会と繋がりを持ち、社会の課題に対して関心を高めるため、参加型の環境活動を企画・実施しています。渡良瀬エコビレッジでの和綿栽培のボランティアや江の島海岸でのビーチクリーン活動など自主的な環境との関わりを推進しています。

  • REBAG PROJECT

    地球環境に配慮するため、お会計時にショッピングバッグを辞退されたお客さまに対して、自社ポイントサービス「.st[id](ドットエスティーアイディ―)」のポイントを付与する取り組みを実施しています。余分なショッピングバッグを配布しないことで資源の節約とCO2の削減に貢献します。

  • 環境負荷の少ない経営活動

    茨城西物流センターの約6,000坪の屋上に太陽光発電システムを導入しています。2014年3月から2015年2月までに、およそ1,009MWhの電力を供給しました。また、店舗で使用する照明を環境にやさしいLED照明へ順次切り替えています。坪当たりの電力使用量は2009年~2013年で平均4.7%削減されました。

最新活動レポート